読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

384

旅行とイベントのスクラップ帳

ロンドン・コッツウォルズ旅行

 f:id:kagoshima384:20161003190038j:image

2016/9/26-10/1

英語圏に行きたい友達

ヨーロッパに行きたい私


その結果、特に行きたいところはないのだけれども

イギリスに行くことに

 

今回は(保護者が同伴しない場合の)初海外旅行なので
テンションの高さゆえ写真が多く、もはや文章を読むことは必要ないので写真を見ていただいて
行きたいところでも見つけてくれたら幸いだなと思います

 

 

準備はとりあえず形からということで
ロンドンに関する雑誌を3冊買った

f:id:kagoshima384:20161002182104j:image

(るるぶは無くなった)

 

熟読することはなく、特にブルータスとポパイに関しては表紙のオシャレさでモチベーションを上げるだけの道具に成り下がっていた

 

 

[一日目 9/26]
中部国際空港セントレアから

f:id:kagoshima384:20161002182354j:image

3時間かけて北京空港に到着

f:id:kagoshima384:20161002182332j:image

デカい

世界2番の規模らしい

 

そこから往復7万の激安航空券のためか
4時間待機を強いられる

f:id:kagoshima384:20161002182710j:image

元(中国のお金)に変えるのが面倒だったので何もできず寝て過ごしたが

f:id:kagoshima384:20161002182736j:image

飲み物も買えん…

 


今思えばキャッシュカードで買えた…つれえ…

 

f:id:kagoshima384:20161002195307j:image

そこから中国国際航空でイギリスへ11時間
機内はなぜかiPhoneを使用してはいけなかったので相当暇になり正直とても辛かったです

機内食はわりと美味しかった

f:id:kagoshima384:20161002194845j:image

カレーじゃなくてシチューのような感じ

 

 

ヒースロー空港(ロンドン)に到着したのはロンドン時間で21時ごろ

 f:id:kagoshima384:20161002195339j:image

入国審査で手間取り
スーツケースを手にしたのは22時ほど

f:id:kagoshima384:20161002195030j:image

そこからATMでカードをつかって現金を引き出して

イギリスの地下鉄を利用する際には
オイスターカードというのがとても便利らしいし料金が安くなるので5ポンドで購入

(1ポンド=約140円)

f:id:kagoshima384:20161002195437j:image

日本の電子カードと全く同じ

 

地下鉄に乗ってヴィクトリア駅へ

f:id:kagoshima384:20161002200603j:image

めちゃくちゃ狭い、日本の地下鉄の2/3くらいの大きさ

 

f:id:kagoshima384:20161002195546j:image
気温は15度ほどで寒さを感じた
友人はなぜか半袖でプルプルしていたので

海外旅行に行く時、季節感大切です。

 f:id:kagoshima384:20161002202037j:image

2階立てのロンドンバス

ロンドンにいる間いくらでも見れるので

おぉ〜となったのはこの初めて見た時だけだったけど

 

f:id:kagoshima384:20161003193132j:image

ロンドンタクシーは何度見てもかっけえと思いました。

 

 

イギリスの通常のホテルの相場が50ポンドらしく、それに比べると
初日は40ポンドほどの安めのホテルに宿泊

f:id:kagoshima384:20161002195848j:image
なぜかシャワーがガラス張りで恥ずかしかったですがとても快適
もはや、飛行機での睡眠を比較対象にしてるのでどんな所でも快適に思えたと思う

 

[二日目 9/27]
翌朝、コンビニのようなところでハンバーガーとサンドイッチの中間のようなものを購入

f:id:kagoshima384:20161002200351j:image

f:id:kagoshima384:20161002200418j:image

 (ハムとチーズが挟んである)

 

半日のハリーポッタースタジオツアーに予約しておいたので

ホテルから徒歩の距離にある
ツアー会社に向かい、2階バスに乗って

f:id:kagoshima384:20161002201539j:image

ワーナー・ブラザーズ・スタジオ・ツアー:メイキング・オブ・ハリー・ポッター」へ

f:id:kagoshima384:20161002202236j:image

ノーカメラとか言ってたので写真ダメなのかな?と思ったのですがみんな写真撮っていたし注意もされなかったので載せちゃいますね

f:id:kagoshima384:20161002202612j:image

中に入るとこんなかんじ

 

まずは室内のセットから

f:id:kagoshima384:20161002202839j:image

f:id:kagoshima384:20161002202802j:image

大広間

f:id:kagoshima384:20161002203050j:image

ホグワーツの校門

f:id:kagoshima384:20161002203209j:image

秘密の部屋の最後の方の扉

f:id:kagoshima384:20161002203253j:image

ダンブルドアの部屋

f:id:kagoshima384:20161002203459j:image

マグルの像

f:id:kagoshima384:20161002203527j:image

ホグワーツの壁にかかってる絵画

f:id:kagoshima384:20161002203731j:image

シリウスの家の壁

f:id:kagoshima384:20161002203824j:image

死の秘宝の最後らへんのワンシーン

 

小道具もたくさん

f:id:kagoshima384:20161002204829j:image

f:id:kagoshima384:20161002204935j:image

f:id:kagoshima384:20161002205117j:image

衣装も

f:id:kagoshima384:20161002205026j:image

設定なども

f:id:kagoshima384:20161002205144j:image

 

ほうきにまたがったり

車に乗ったりで合成写真を撮ってくれます。

 

わりと高い(14ポンドくらい)のですが

全く何も残らないのはなぁ…と思って買いました…

f:id:kagoshima384:20161002212035j:image

こりゃいい商売してますわ

 

その後も室内セットは続き

f:id:kagoshima384:20161002205618j:image

f:id:kagoshima384:20161002205649j:image

キングスクロス

 

その後、室外のセット

f:id:kagoshima384:20161002210024j:image

f:id:kagoshima384:20161002211202j:image

 

マスクと機械類の説明

f:id:kagoshima384:20161002210609j:image

 f:id:kagoshima384:20161002210124j:image

f:id:kagoshima384:20161002210154j:image

動くヴォルデモート

中は

f:id:kagoshima384:20161002210307j:image

こんな感じ

f:id:kagoshima384:20161002210444j:image

f:id:kagoshima384:20161002210505j:image

ハグリッドが機械だったなんて…

 

その後は大きなセット

ダイアゴン横丁

f:id:kagoshima384:20161002211639j:image

f:id:kagoshima384:20161002211748j:image

ホグワーツ城

f:id:kagoshima384:20161002211903j:image

相当充実したラインナップ

載せたのは一部ですし、入り口で日本語のガイド案内を借りればより深い裏話など説明を受けれます

 ハリーポッターが好きな人はずっと居れそう

僕はなんだか博物館にいるみたいで楽しかったです。

f:id:kagoshima384:20161002224514j:image

昼はホットドッグをたべました

外国のソーセージはとてもスパイシーで好き

 

再びバスでヴィクトリア駅へ

 f:id:kagoshima384:20161002221321j:image

ホテルに荷物を預けた後

地下鉄を利用して

カムデンマーケットへ

 f:id:kagoshima384:20161002213710j:image

f:id:kagoshima384:20161002213939j:image

f:id:kagoshima384:20161002214005j:image

古着とか

f:id:kagoshima384:20161002214104j:image

f:id:kagoshima384:20161002214211j:image

飲み物や食べ物

f:id:kagoshima384:20161002214315j:image

f:id:kagoshima384:20161002214347j:image

活気があって無理やり買わされそうになったけれども、おしゃれだし面白かったしいいところでした。

 

ピチピチのドレス着てる女性がまぁまぁいたし

明らかに薬物じゃんってのが売ってたり

そういうアウトローな場所なんだろうなと思います。

 

その後、

ロンドンでは街中にレンタサイクルがたくさん置いてあるので(乗り捨て可能)乗ってホテルまで帰ることに

f:id:kagoshima384:20161002221416j:image

(レンタサイクルの手続き中)

 

交通ルールがめちゃくちゃ甘いロンドンは
事故らなければ何でもありで
信号を無視しない人はいないと断言できる


自転車に関しては日本と違ってというか

日本がおかしいのだけれども左車線のみで

歩道を走れないため車道を爆走する、

f:id:kagoshima384:20161002223519j:image

この爆走というのが

日本の様に車道の端っこを走るとかでなく

日本でいう原付のように車の目の前も普通に走るし車間もガンガン抜けていく

 f:id:kagoshima384:20161002223617j:image
自転車用道路が作られているところも多々あったが
自転車において引かれなければ何でもいい
という感じだったのでスリルがすごく

言い換えればとても爽快で面白かった


ロンドンに行ったら一度は乗ることをお勧めします!


強いて言えば、風景を楽しみたいから地下鉄でなく自転車にしたのに風景は全く楽しめませんでした。

 f:id:kagoshima384:20161002221540j:image

 

ホテル近くまで自転車で移動して

ロンドンアイという観覧車に乗ることに

f:id:kagoshima384:20161002224858j:image

ロンドンアイは

f:id:kagoshima384:20161002225003j:image

f:id:kagoshima384:20161002225022j:image

f:id:kagoshima384:20161002225046j:image

こうやって建てられたらしいです

なんと原始的な…

 

f:id:kagoshima384:20161002225139j:image

一つの部屋(?)に10名ほどづつ入ります

カップルよりかはウェイがたくさん湧いてました

f:id:kagoshima384:20161002225313j:image

f:id:kagoshima384:20161002225248j:image

めっちゃ綺麗で

ビッグベン(国会議事堂)のライトアップは超カッコ良かったです

f:id:kagoshima384:20161002225507j:image

 

 さて、ホテルは毎日変えていて

今回宿泊するのはホテルは

1部屋に12個の二段ベットが設置されている1泊19ポンドほどの格安ホテル&バー

f:id:kagoshima384:20161002224641j:image

f:id:kagoshima384:20161002213358j:image

満室だったので24人と同じ部屋ということです

 

さぞ、劣悪な環境なのだろうと興味本位で泊まってみたのですが

まさかの19人が女性だったので、いびきだとか匂いだとか全然気になりませんでした。

 

 

夜は付属のパブでフィッシュ&チップスとビール

イギリス料理はまずいと聞いていたけれども

めっっっちゃくちゃ美味かった!

カラッと揚がった白身魚の身は、ほわほわでいい味してました。

f:id:kagoshima384:20161002221820j:image

店員さんも面白いし優しいし良い夜。

 

 [三日目 9/28]
朝食は小さめのりんごとトースト
小さめのりんごは齧って食えという感じだったのでリンゴ初かじりしたのだがめちゃくちゃうまかった
日本のよりすっぱいかな?

 

歩きながらリンゴをかじるロンドナーを旅行中たくさん見たので文化の違いを感じました

日本でやったらすごいダサそう

 

歩いて

ウエストミンスター駅へ

ビッグベン(国会議事堂)

f:id:kagoshima384:20161003190116j:image

f:id:kagoshima384:20161003001454j:image

ビッグベンの前をながれるテムズ川はとてつもなく汚い

f:id:kagoshima384:20161003001551j:image

 まぁ、テムズ川はさておき

ビッグベンの夜とは違う姿に

これも良いなとめちゃくちゃ気に入って

 

 それでも、ビッグベン以上に魅入った建物は

f:id:kagoshima384:20161002230354j:image
ウエストミンスター寺院

 

と言っても、その日はスーツケースを持っていると入れないと言われたので翌日に繰越


その後

f:id:kagoshima384:20161002230654j:image
バッキンガム宮殿で衛兵交替をみる

f:id:kagoshima384:20161003001941j:image
ロンドンが寒いと言っても

日が出ている昼は暑いしこの写真からみても暑そうだなと思った。とくに頭部はハンパないだろうな

 

f:id:kagoshima384:20161003002057j:image
バッキンガム宮殿の横にある

セントジェームズ公園でランチ
公園内にカフェがあるのでまたホットドックを購入

f:id:kagoshima384:20161003002238j:image

公園にはリスとかが普通にいます

f:id:kagoshima384:20161003002327j:image

かわええ

 

そこから地下鉄で移動し
コヴェントガーデン駅へ

f:id:kagoshima384:20161003002758j:image

前日のカムデンと比べると
圧倒的にオシャレで清潔感ある店が並ぶ感じ
旅行者用というよりかはロンドナーも楽しめる場所のようなかんじ

 

まず、ナショナルポートレートギャラリーで

アフタヌーンティーをしました

f:id:kagoshima384:20161003003056j:image

1人28ポンドほどでなかなか高価

上品なお昼を過ごしました。

 

食べ終わった後、窓から見える

トラファルガー広場

f:id:kagoshima384:20161003003236j:image

大道芸人がたくさんいて賑わっていました

床に絵を描く人もいれば

f:id:kagoshima384:20161003010803j:image

似顔絵を描いたり、弾き語りしてたり

 

目の前には

ナショナルギャラリーがあったので

行く予定はなかったのですが入ることに

f:id:kagoshima384:20161003003337j:image

f:id:kagoshima384:20161003003400j:image

f:id:kagoshima384:20161003003423j:image

美術とか全然興味ないんですが

実際見たら案外感動してしまいました!

 

センター現代文でよく言われていた

絵画の大きさだとか油絵の立体感だとか

写真で見るのとは全然違うのだなと実感

絵画に興味が出たのでよかった

 

暗くなってきたのでパブがたくさんある

コベントガーデンへ

f:id:kagoshima384:20161003003637j:image

SLAM CITY SKATES

f:id:kagoshima384:20161003004117j:image

 スケボーのショップで良い感じのTシャツを購入(四日目 9/29で着ます)

 

CambridgeSatchelでカバンを買おうかなと思ったのですが欲しかった色がなくて断念

学割は20%オフらしいので、もし買うつもりなら国際学生証(生協で作れる)を持って行きましょう、

 

f:id:kagoshima384:20161003005310j:image

アップルマーケット周辺をふらふら

f:id:kagoshima384:20161003005352j:image

寝るには早い時間だったので

トラファルガー広場に戻り

f:id:kagoshima384:20161003005834j:image

ピカデリーサーカスまで散策することに

 f:id:kagoshima384:20161003005550j:image

f:id:kagoshima384:20161003192051j:image

チャイナタウンも発見

f:id:kagoshima384:20161003005659j:image

f:id:kagoshima384:20161003192003j:image

3時間ぐらい歩くと流石に疲れはてたので宿へ

 

今回の宿は寝室は個室で

風呂やトイレは共同のタイプ

f:id:kagoshima384:20161003002931j:image
うっとうしいくらいオーナーが絡んでくるのでずっとへんな笑いが起こってました

 

 

[四日目 9/29]

スーツケースを預けて

前日行けなかった

ウェストミンスター寺院

f:id:kagoshima384:20161003192729j:image
写真撮影が禁止だったのだが、ステンドグラスがとても細かくてきれいだった

f:id:kagoshima384:20161003011123j:image

f:id:kagoshima384:20161003011201j:image

f:id:kagoshima384:20161003011610j:image

(写真撮ってもいい場所)

 

写真撮影禁止の所は

マジで綺麗すぎた!規模がでかすぎるのに作りが細かすぎる!

僕的にロンドンで一番オススメできる場所です

 

 

自転車で

ピカデリーサーカス経由で
ソーホー地区

f:id:kagoshima384:20161003011820j:image
めちゃくちゃ美味そうなマーケットを見つけたので

f:id:kagoshima384:20161003011910j:image

f:id:kagoshima384:20161003011939j:image

2種類のバーガーを半分に切ってもらって

半分ずつ食べた

f:id:kagoshima384:20161003012047j:image

イギリスはお肉がとても美味しい

 

その後はスケボーショップのPALACE

f:id:kagoshima384:20161003012135j:image

に寄るも、PALACEもThamesも

sサイズがないので買えず…

 

レアスニーカーが多いらしい
靴屋FOOTPATROLへ

f:id:kagoshima384:20161003012316j:image

 世界で1906個のみのm1500を発見
しかも日本で完売しているモデルが

1.5万円も安く買えた!

f:id:kagoshima384:20161003012622j:image

これは嬉しい


次は傘屋のJames Smith and Sons

f:id:kagoshima384:20161003021711j:image

母にプレゼントとして傘を購入

 

買い物に満足したので

ソーホー地区を抜け

f:id:kagoshima384:20161003013201j:image

大英博物館

f:id:kagoshima384:20161003013312j:image

f:id:kagoshima384:20161003013401j:image

ラムセスⅡ世

f:id:kagoshima384:20161003013423j:image

ロゼッタストーン

f:id:kagoshima384:20161003013608j:image

パルテノン神殿の彫刻

f:id:kagoshima384:20161003013651j:image

モアイ像

f:id:kagoshima384:20161003013713j:image

 

端的に言えば全然よくわからなかったです

 f:id:kagoshima384:20161003014606j:image

 

その後は地下鉄で
ロンドン塔へ

f:id:kagoshima384:20161003014704j:image

その真横には

タワーブリッジ

f:id:kagoshima384:20161003014807j:image

f:id:kagoshima384:20161003192432p:image

f:id:kagoshima384:20161003014843j:image

まさにロンドン

両方営業時間を過ぎてしまって中に入れなかったんですが外からでも十分楽しめました!

 

ロンドン塔は生まれて初めて見た

レゴブロックで作っていたような城で

 

タワーブリッジは水色の鉄骨がオシャレすぎました

 

1時間ほど歩いて

f:id:kagoshima384:20161003020345j:image

ミレニアムブリッジ

f:id:kagoshima384:20161003020426j:image

そしてミレニアムブリッジを渡ると

f:id:kagoshima384:20161003020448j:image

セントポール大聖堂

思ったより大きかったです

 

宿は明日の予定に合わせて遠い
グロースターロード駅へ地下鉄で移動

 

最後のホテルはかなり高級にしたので

f:id:kagoshima384:20161003020859j:image

f:id:kagoshima384:20161003020738j:image

培ってきた疲労が一気に癒されました

夜飯はレストランでカレーを食べる

f:id:kagoshima384:20161003154535j:image

異国の香辛料を感じた…うまい

 

[五日目 9/30]

ロンドンを離れ、田舎も見ていきたいなと思ったのでコッツウォルズツアーに参加

コッツウォルズは一般的なレンガ作りの家でなく

ライムストーンと呼ばれる蜂蜜色の石作りの家が並びます

 

初めにバイブリーと呼ばれる村へ

f:id:kagoshima384:20161003155550j:image

マスの養殖が盛んで

f:id:kagoshima384:20161003155637j:image

朝食としてマスのサンドウィッチを食べた

f:id:kagoshima384:20161003155731j:image

このバイブリーは英国で一番綺麗な村と呼ばれていて、その証拠に

なんと、たまたま撮影?していた深津絵里さんを発見

バイブリーも深津絵里さんも綺麗でした

 

次はボートンオンザウォーターという小さな街へ

f:id:kagoshima384:20161003164513j:image

f:id:kagoshima384:20161003183258j:image

この街にはモデルビレッジという

この街のミニチュアがある場所があって

f:id:kagoshima384:20161003172610j:image

f:id:kagoshima384:20161003172711j:image

地図を見るより街の立地を把握しやすかったです

モデルビレッジそのもののミニチュアもあった

f:id:kagoshima384:20161003182933j:image

 

ちょうど12時過ぎになったので

パブに行きラムを頂きました

f:id:kagoshima384:20161003183031j:image

羊なのに全然クセがなくて(いい意味)柔らかくて

今回の旅行で食べた中で一番美味しかったです

 

その後は

 ストウオンザウォルドへ

f:id:kagoshima384:20161003183454j:image

小さなアンティークやスーベニアショップ、レストランがたくさんありました

 

最後に

チッピングカムデン

f:id:kagoshima384:20161003183721j:image

屋根が藁の家も多々ありました

f:id:kagoshima384:20161003183738j:image

f:id:kagoshima384:20161003183828j:image

小さなショップで思い出として

2人お揃いの置き時計を購入してロンドンへ

 

コッツウォルズは都会のロンドンとは違う田舎ゆえの良さがありました

街から離れると羊とかが放牧されてるし

f:id:kagoshima384:20161003184049j:image

穏やかな気持ち

 

 ロンドンについたらすぐに空港に行き

晩飯としてパイを食べ帰国

f:id:kagoshima384:20161003184243j:image

帰りの飛行機15時間ほどはずっと寝てたのであっという間でした

 

 

今回の旅行でわかったことは

 

イギリスは治安がとてもよかったし

話しかける人全員やさしいし気さくだし

何よりも美男美女ばかりだし

街に人は多すぎないし

とてもいい街でした。

 

それと、

僕の写真に写る顔が4パターンほどしかないこと

友人に関しては2パターンもないことがわかりました。