384

旅行とイベントのスクラップ帳

山口旅行

f:id:kagoshima384:20150929120250j:image
2015/8/16-17
青春18切符旅行4-5日目

兵庫で姫路城を観た後

JR山陽本線に乗り山口県を目指す
 
アプリで調べると悲しいかな
到着時間は8時間後を示すではないか
 
しかし、この圧倒的一人旅感。
電車に人は疎ら、足をぐーっと伸ばし
窓に目を向ければ大きな入道雲のもと
青々とした稲に爽やかな風が吹いてゆらゆらしているではないか
 
平和か!
 
夏と自由を感じて対面式座席の窓際でまどろんでいた。
すると、正面の座席に小説を片手にした
黒髪白ワンピース美女
の対義語かと思われる
黒ひげよれよれシャツ中年男性が座った。
 
今書いているのが1ヶ月後なので
話し始めのきっかけや
たわいの無さすぎる会話は忘却の彼方へ消えたが
お互い1人だと話しやすいものだった
 
そして、その男性が途中下車したのが
僕が乗車してからおよそ2時間という時間であった
 
思った。飽きたと
 
僕は田んぼを2時間見続けた後
延長戦残り6時間田んぼを見続けれる風流人ではない
生まれも育ちも名古屋のシティーボーイである。
 
イヤホンをつけることにした。
最近レンタルしたMr.Children
一気に聞いてしまおうと思いついたのである。
 
Mr.Childrenのベスト4枚
1992-2010の18年間分を聴き
いろいろ思うことを堂々巡りしていたら
6時間過ぎて新山口についていた。
 
先輩と駅で落ち合い
そのお母様も含めた3人でご飯を食べ
家に泊まらさせてもらった。
 
翌朝
お母様が車を出してくれました。
本当に感謝しています。
 
まず、高校2年生の修学旅行以来の
松陰神社に連れて行ってくれました
f:id:kagoshima384:20150929112609j:image
 
高校2年生なんて3年も前の忘れてた修学旅行の記憶が
歩くたびにすっと思い浮かんできて
とても懐かしく思え、
再びホームシックをこじらせるところだった。
f:id:kagoshima384:20151031231056j:image
行けなかったけど名所の秋吉台(たぶん)!
 
次は萩反射炉というのを見て
萩しーまーと、という海産物を販売している道の駅で昼ご飯を食べた。
 
そこでは
帰国した錦織圭選手が食べたいと言った
ノドグロを初めて食べてとても美味しかった。
f:id:kagoshima384:20150929110215j:image
刺身も劣らず美味かった。
 
その後
死ぬまでに行きたい世界の絶景第3位らしい
角島大橋に連れて行ってもらいました。
f:id:kagoshima384:20150929111053j:image

橋の全長は1780メートルもあるらしい。

橋も素晴らしいけれども、なんて言ったって海が凄い!
エメラルドグリーンすぎるのだ!
エメラルドグリーンすぎて海として違和感があり、むしろ汚いんじゃなかろうかと思うほどエメラルドグリーンなのだった。
 
ネットで拾った写真ですが載せておきます
f:id:kagoshima384:20150929111917j:image
あいにくの天気であったため
ここまでではなかったものの綺麗でした
オススメです。
 
最後に
本当に優しすぎて申し訳なくなったのですが
博多へ移動する僕に合わせてくれて
下関に連れて行ってもらいました。
f:id:kagoshima384:20150929112411j:image
 
晩御飯として
下関名物てっさとクジラ刺しをいただきました。
f:id:kagoshima384:20150929112353j:image
 
貧乏人なのでフグもクジラも初めてで
この後フグの唐揚げも頂いたのですが
フグの多様性に感動いたしました。
l was born to love you
QUEENの如く叫びそうになりました。
嘘です。でもそれくらい美味しゅうございました。
 
その後、海響館という水族館で
今食べたばかりのフグを見て、
美味しくいただきましたよ、と謝謝しました。
 
そんなこんな
f:id:kagoshima384:20150929121924j:image
で電車に乗る時間になり
下関駅に向かいました。
 
この日かかった費用は全部お母様が負担してくれて、それだけでもどう返していいかわからないほどの大きな感謝をしていたのですが
最後別れる際に、お土産としてイカ飯とフグのひれ酒を渡していただけました。
 
娘の後輩さんだから
という理由だけで僕にそこまで良くしてくれるお母様や僕のために時間を割いてくれた先輩にどのようなお返しをしたらいいかわかりませんが
次いつ会っても恥ずかしくないようにしっかり生きよう
と大袈裟なことを思いながら
1人JR日豊本線鹿児島本線を乗り継いで
博多へと向かいました。
f:id:kagoshima384:20170209025051j:image
広告を非表示にする