384

旅行とイベントのスクラップ帳

東京旅行

もったいないという言葉に
感銘を受け世界にMOTTAINAIを広めた
かのワンガリ・マータイ氏ですら
「これはいらないね」
と言うにちがいない物でさえ
もったいない!と言う母によって
引越しの準備は順調に座礁した。
 
そこで
名古屋-東京間の高速バスは2,400円という安さもあり気分転換がてら東京に行くと決めた。
 
f:id:kagoshima384:20150320183733j:plain
(こういうのいいよね)
 
  • 一日目
 
数学者ラマヌジャン氏のような
ルックスを持つ友人と
新宿で待ち合わせをしたが
1時間過ぎても彼は現れなかった。
普通に怒った。
 
しかし、
せっかく東京に来てぷりぷり怒っていても仕方がないので
新宿界隈を散策でもするかなぁと
ふらふらしていると
 
明治神宮が見えた。
f:id:kagoshima384:20150320183802j:plain
わらわらと人々がいた新宿駅と異なって
閑散たる雰囲気であり。
とりあえず目元だけシャキッとさせた。
 
思えば今年4回目の参拝であり
神様同士争わんだろうか
と思いつつも、とりあえず
ラマヌジャン氏が早く来ますように
と祈願した。
 
周りを見ると外人ばかりであり、
様々な言語で書かれている
エキゾチックな絵馬を見たのは初めてで
面白いなぁとまじまじ見ていたところ
それを面白いなぁと思ったのか
外人が僕をまじまじ見た。
目ヂカラが猛禽類のそれであったので
怖くて逃げた。
 
かれこれ2時間経った。
未だラマヌジャン氏から連絡はない。
 
 
さらに歩みを進めると
神社に吸い寄せられやすい体質なのか
乃木神社についた。
入り口の狛犬が驚くほどシャンとしていたので
f:id:kagoshima384:20150320183856j:plain
僕も背筋を伸ばした。
でも疲れたのですぐやめた。
 
絵馬を見てみると
おおよそ乃木坂46の事のみ
祈願されている恐ろしい近代的神社であった。
 
僕個人のことを祈願したところで
乃木坂46的神様が慣れない願いに
驚いたら悪いと思ったので、
あまり知らないけれども
乃木坂46の活躍を祈願した。
f:id:kagoshima384:20150320184002j:plain
(面白いおみくじ掛け)
 
かれこれ4時間経った。
未だラマヌジャン氏から連絡はない。
 
 
暇を極めすぎたので
吉田松陰宝物展に入った。
センター古漢満点たる僕は
それなりに楽しめるだろうと思った。
 
f:id:kagoshima384:20150320184019j:plain
楽しめなかった。
 
楽しむのにはもう少し教養が
必要なのだろう頑張ろう一浪(チェケラ)
 
かれこれ5時間経った。
ようやくラマヌジャン氏から連絡が来た。
 
今まで寝ていたらしい
 
怒りは3時間が過ぎた辺りから収まっていたし
彼は愛すべき人間なので
僕の大きな心(と晩飯をご馳走してくれたことの考慮)を持って彼を許すことにした。
 
 
 
  • 二日目
 
秋葉原に行った。
メイド喫茶に入った。
原宿に行った。
服を買った。
 
 
 
  • 三日目
 
 
いわポケモンノズパスのような友人をくわえ
僕が以前から芸人のライブがとても見たかった事もあり
 
コントは野性爆弾
本当に手を叩きながら笑った。
人を笑わせることを生業してるだけあって面白さに圧倒された。
 
生で観ることで
テレビでは味わえない
芸人が作る空気感を感じられた。
 
大変満足したし
今後、東京もしくは大阪に
行くことがあれば
必ず芸人のライブを観ようと決意した。
 
今回の旅行で一番行ってよかったのは
ルミネtheよしもとであったと思う。
 
その日、
ノズパスのマンションに宿泊したのだが
大きすぎて少々迷った。
軽いダンジョンだった。
f:id:kagoshima384:20150320185940j:plain
 
 
  • 四日目
 
上野動物園に行った。
パンダがいた。
f:id:kagoshima384:20150320184841j:plain
パンダは右利きだった。
f:id:kagoshima384:20150320184936j:plain
f:id:kagoshima384:20150320185040j:plain
あざとい…
 
 
 
  • 東京旅行感想
 
地下鉄はたいがい
満員電車だったのだが
一度双方のおじさんたちの吐息が臭くて
大きなダメージを受けたので
東京に行く際には
パーティにフバーハを唱えれる魔法使いを入れておくが吉である。
f:id:kagoshima384:20170209024001j:image
 
 
広告を非表示にする